2011年6月9日木曜日

7月のライオン

OS X Lionが7月に出るらしい。

ので、新機能を見てる。

特に気になったのは、オートセーブ機能。

作業しながら保存
オートセーブに対応するように開発されたアプリケーションは、あなたが作業するのと同時に、変更を自動的に保存します。もう、いちいち手動で保存する必要はありません。アプリケーションが予期せず終了した時に、これまでの作業が消えてしまうといった心配もなくなります。オートセーブはすべての変更をバックグラウンドで保存するので、操作の停止やプログレスバーにわずらわさせることなく作業を進められます。

その場に直接保存
OS X Lionのオートセーブは、変更をファイルに直接保存するので、あなたのMacにある書類はいつも一つだけです。

これどうなってるの?
API的なのがあって、それに対応したソフトしか動かないの?

と思っていろいろ調べてみてたら、
バックアップの世界の奥深さを知って愕然とした。
↓こういうの見てると、Macも捨てたもんじゃないな、と思う。賢そう。

Time Machineは過去をどのように記憶しているのか?(ザリガニが見ていた...。)
http://d.hatena.ne.jp/zariganitosh/20090323/1237798724


やっぱまだよくわからないけど、
オートセーブってファイルシステムの機能なのかな?
もうちょい技術的な解説が出てくる事を待ってよっと。

2 件のコメント:

佐藤 裕基 さんのコメント...

いよいよ、Lionまできましたか。ネコ科の動物シリーズ、ネタが尽きないですね…
もう一回Macに戻ろうかな…

yung さんのコメント...

いや、これからもっと囲い込みが激しくなると思われるので、戻らなくていいと思うw