2011年2月27日日曜日

ハーフ




「単一民族国家」だという幻想が信じられていた(いる?)日本で、
多国籍、多民族の人間がどのように生きているのか、
みたいなドキュメンタリー。

めっちゃ面白そう!
2011年末に完成を目指してるらしい。

公式ホームページ:
http://www.hafufilm.com/



ところでこのへんはいろいろ難しくて、

「あなたは何人ですか?」と聞かれたら、
よどみなく「日本人」と答えられるけど、

「あなたは何民族ですか?」と聞かれると、
へっ?とか思ってしまう。

「民族紛争」とか「多民族国家」とか、
「民族」という言葉は聞き慣れているのに、
日本には関係ない、他人事だと思ってる自分がいる。
そういえばアイヌ民族とかあったっけな、くらいの感覚。
ずるいやんな、そういうの。

ちゃんと考えないと、と思いつつ、
いつも忘れてしまう。


↓この本になんか詳しく書いてあった記憶がある。もっかい読んでみよう。

民族とネイション―ナショナリズムという難問 (岩波新書)民族とネイション―ナショナリズムという難問 (岩波新書)
塩川 伸明

岩波書店 2008-11-20
売り上げランキング : 87417

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2 件のコメント:

seiji fujiwara さんのコメント...

ども。せいにーです。この映画僕も関心持ってます。といいますか、製作者の一人であるMegumiさんは実は学部時代の指導教員の娘さんです。お父さんも共同通信のばりばりのジャーナリストで、奥さんがアメリカ人女性とのこと。
日本では簡単に「単一民族」と言われるけど、民族のグラデーションは明らかにある。そうじゃないということをことさら主張する側は一体何を求めているんだろうと考えたり。とにかくこの映画は観たいね。

yung さんのコメント...

そうなんですか!!
そんなつながりがあるんですね。いいな。


>そうじゃないということをことさら主張する側は一体何を求めているんだろうと考えたり。

なんなんでしょうね。ほんとに。
気になります。