2011年3月8日火曜日

日本の人身売買



この動画、ずいぶん前に見たことあったけど、
なんなんだろうと思ってた。

MTV EXIT(End Exploitation and Trafficking)という人身売買防止キャンペーンの動画らしい。

MTV EXITとは、人身取引に関しての認知を広め、防止・予防を促すキャンペーンです。
私たちは普段、どこに住むか、どこで働くか、誰と友達になるか、そして誰を愛するのかということを自由を当然のように享受しています。しかし、世界中の何百何千もの人たちがこの基本的人権を奪われています。彼らは現代版の奴隷制度といえる、人身取引の犠牲者なのです。そして犯罪者たちは、だまし、脅迫して彼らにさまざまな重労働及び売春を強制しています。
国連によると、人身取引とは「強制・詐欺・脅し・偽装して性的・経済的搾取のために、人を雇い、移動させ、受け取ることにより、利益を享受すること」と定義されています。推定では世界中で250万の人身取引の被害者がいるとされ、その被害者の大半がアジア太平洋地域にいるとされています。人身取引は麻薬取引についで世界で2番目に大きな不法取引で、人を買い、売ることで、人身取引業者は年間100億米ドル(約1兆2000億円)を稼いでいるといわれています。
MTV EXITキャンペーンでは、現代の奴隷制ともいえる悲劇的な人身取引の撲滅を目的とし、番組やホームページ、イベントを通じ、人身取引の一般的な情報と、何故それが起こるのか、誰が被害にあっているのか、取引業者の手口、被害者の実情、私たちに出来ること、などを伝えていきます。
MTV EXITホームページ


人身売買、でぐぐってるうちにここに行き着いた。
で、あ、あの動画!と思って、思わずブログを書いている。

なんでそんなのをぐぐってたかというと、
こないだふと、海外の売春被害とかのことを話した時に、
「日本のセックスワーカーは自ら選んでその仕事をしてるから仕方ないけど」
みたいなことばがでてきて、んっ?、と引っかかったこと。


そういうの俺ぜんぜん詳しくないけど、
日本の人身売買って意外と深刻だ、みたいな話を聞いたことがある。
結局、ネット上にあんまりまとまった情報がなくてよくわからない。
意図的に隠してるんじゃないかなってくらい。

そうやって、情報が出て来ないことがとても問題な気がしている。

なんか一時期盛り上がっていた児童ポルノ規制の話は、
表現の自由がどうとかいう話にのみ論点が集まって、
規制することは、手段であって目的じゃないのに、
そもそも出発点のはずの、
人身売買とか売春の被害者をどう減らすか、みたいな話はどこにいったの?

いつの間にか広まりかけていた、
日本は人身売買防止後進国だ、という認識が遠のいている気がする。
そういう情報が、ぜんぜん届いて来ない。


いや、俺そんな、偉そうに言える立場ではぜんぜんないけどさ。
ほとんど知らないし。何もしてないし。。

日本の人身売買のこと、
詳しくわかるのがあれば教えてください。

1 件のコメント:

Paredes さんのコメント...
このコメントはブログの管理者によって削除されました。