2010年2月12日金曜日

松尾スズキ「クワイエットルームにようこそ」

クワイエットルームにようこそ (文春文庫)クワイエットルームにようこそ (文春文庫)

文藝春秋 2007-08
売り上げランキング : 26127

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



松尾スズキの描く絶望は、爽やかすぎる。
冬の青すぎる空みたいに。


俺は小説よりも映画版を先に観たけど、
あまりに爽やかに絶望して、
当時代表をしていたサークルを解散しようと思った(笑)。


絶望のデトックスとでもいうのだろうか。
「泣ける映画」を観て泣けてしまうように、
日常の些細な絶望が、
増幅して束になって込み上げてくる。


昨日はひととうまくしゃべれなかったとか、
明日も仕事かーとか、
そういう些細さ。


といってでも、
松尾スズキが書くのはぜんぜん日常の話じゃなくて、
「クワイエットルームにようこそ」も、
精神病院閉鎖病棟という、とっても非日常の話。

オーバードーズで閉鎖病棟に運ばれた主人公が、
退院を目指して病棟に馴染んでゆきつつ、
徐々になぜ自分が運ばれたのかを思い出していく、
未来と過去が入り交じる物語。


そんな重い話なのに、
松尾スズキの文体はいたって爽やかで面白い。
思わず笑えてくる。

その笑い方は、
ほんとに面白いのが半分、
ほんとに絶望したときってこんな風に笑えてくるんだろうな、という感じが半分。

不思議な感じ。


そんな笑えてくるほどの爽やかな絶望を俺は知らない。
ぬるい絶望に浸かって暮らしているという、
ぬるい幸せの中にいる。

2 件のコメント:

Abe-K さんのコメント...

蒼井優が好きでその映画見たけど、面白かった!原作は読んでないけど、テーマの重さを重苦しいだけじゃない表現で見れたわ。

yung さんのコメント...

面白いですよねー◎
俺は逆に、あの映画で蒼井優が好きになりました。